キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 CRAの面接、そのポイントとは : CRA求人事情通サイト
CRA求人事情通サイト

CRAの面接、そのポイントとは

「CRA 求人」の事に関する情報サイトです。
CRAの求人で面接の際、どのようなことがポイントになるのでしょうか。面接で重視される点を探っておきましょう。

CRAの面接、そのポイントとは

CRAは売り手市場と呼ばれていますが、看護師やMR、臨床検査技師などの医療専門分野の経験を持って転職されてくる方も多いので、求人に応募する際には、対策を練っておく必要があります。

特に、面接ではCRAとしての資質があるかどうかを見られる場でもあるので、CRAとして採用されるための面接のポイントを理解しておく必要があるでしょう。

CRAの仕事は多岐にわたり、特に人対人、という状況下での仕事となりますので、もしトラブルがあった場合にどう対応できるのか、治験に対して応募が少ない場合どうすればいいのかなど、応用や対応に関する能力が求められます。

そのため、治験がうまく進まない場合の対応やどういった解決を考えるかなどの質問を受ける場合もあります。

そこで、自分なりに対応する具体的な考え方を持っておくことが必要です。

面接官がこうした質問を投げかけてきてもいいように、シミュレーションを行っておくといいでしょう。

CRAの求人で全てにおいて英語力が求められるということはありませんが、英語力があるというのは大きなメリットとなります。

もし可能であれば、転職、就職の前に、しっかり英語力を高めておく、またTOIECなどの点数をあげ、英語力があることのアピール、またグローバルな仕事をしたいという気持ちをしっかり説明できる能力が必要です。

またこれまでの経験やこの先採用となった際にしたいことなどを具体的に考えていくと、面接官の質問に答えやすくなります。

医療分野の経験があれば履歴書によって専門知識についての質問などもありますので、自分なりの意見をしっかり持っておくことも必要です。